建築小僧の建築ライフ

現役の建築構造設計者のブログです。建築や設計の事だけでなく、建築学生の役立ち情報や就活・転職に関する事を書いていきます。

フランク・ロイド・ライトの建築代表作品を紹介!落水荘、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、帝国ホテル、ロビー邸など

こんにちは、建築小僧(@kenchiku_kozou)です。

 

建築家・構造家の建築代表作品を紹介シリーズです。

今回は、建築家のフランク・ロイド・ライトです。

ライトは、ル・コルビュジエミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と言われるほどの建築家です。

国内では、落水荘や帝国ホテルの設計で知られています。また、アメリカの住宅設計様式にプレイリースタイルを提案しました。

プレイリースタイルの特徴は、外観は建物の高さを抑え、水平線を強調したデザインとし、プランは部屋同士を完全に区切ることなく、一つの空間として緩やかにつなぐものです。

 

それでは、作品紹介行ってみましょう!

最新の建築を知りたい人におすすめのサービス!

作品紹介の前に、最新の建築情報を知りたい人におすすめのサービスを紹介します。

僕も以前は、ネットやTwitterで最新の情報を得ていましたが、ネットやTwitterだと偏った情報しか手に入らず、世の中のトレンドに付いていけません。

世の中のトレンドに付いていくには、「建築雑誌の定期購読」がおすすめです。

 

新建築

https://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1611329_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1599642_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1560130_o.jpg

「新建築」は、建築に関わる人なら誰でも知っているほど有名な建築雑誌です。

国内の商業施設・教育施設・文化施設などの大型公共施設の作品紹介を中心として、都市・建築の再利用・修復や環境への配慮など、建築界が直面する様々な問題に対して独自の切り口で紹介されています。

特にデザイン性に富んだ建築の紹介がされており、多くの写真や図面が使われているので、とても読みやすいですし、大学の設計課題のヒントになるかもしれません。

 

いきなり定期購読はちょっと…という人は、まずは今月号だけ1冊購入してみるのがおすすめです。1冊をじっくり読んでみて、今後も購入するかを決めましょう!

しかも、今なら下記のリンク先から購入すると、500円割引で購入できます。

新建築の定期購読はこちら!

 

フランク・ロイド・ライトってどんな人?

フランク・ロイド・ライト

 

【経歴】

1867年 アメリカ合衆国ウィスコンシン州生まれ

1887年 アドラーサリヴァン事務所

1893年 事務所設立

1959年 逝去

 

【受賞】

1941年 RIBAゴールドメダル

1949年 AIAゴールドメダル 

参考:フランク・ロイド・ライト - Wikipedia

フランク・ロイド・ライトの建築代表作品を紹介!

カウフマン邸(落水荘

意匠設計:フランク・ロイド・ライト

構造設計:-

構造種別:RC造

所在地:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州

 

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

意匠設計:フランク・ロイド・ライト

構造設計:-

構造種別:RC造

所在地:アメリカ合衆国ニューヨーク

 

帝国ホテル

意匠設計:フランク・ロイド・ライト

構造設計:-

構造種別:RC造、煉瓦コンクリート

所在地:東京都千代田区

 

自由学園明日館

意匠設計:フランク・ロイド・ライト

構造設計:-

構造種別:W造

所在地:東京都豊島区

 

ロビー邸

意匠設計:フランク・ロイド・ライト

構造設計:-

構造種別:レンガ造、W造、一部S造

所在地:アメリカ合衆国イリノイ州

 

ユニティ・テンプル

意匠設計:フランク・ロイド・ライト

構造設計:-

構造種別:RC造

所在地:アメリカ合衆国イリノイ州

 

まとめ

フランク・ロイド・ライトの建築代表作品を紹介しました。 

 

作品集・書籍はこちら