建築小僧とあひるさん

建築構造設計者のブログです。建築や設計の事だけでなく、建築学生の役立ち情報や就活・転職に関する事を書いていきます。

【SIMフリー】いまさらだが、iphone7でSOFTBANK→MVMO(楽天モバイル)に乗り換えたから、そのまとめ

建築小僧です。

 

今更ですが、僕もMVMOに乗り換えました。

今までは、SOFTBANKiphone6を使っていたのですが、月額料金の高さやショップの対応の悪さが嫌で遂に乗り換えました。

 

今回は乗り換えるに当たって、調べた事・疑問に感じた事・実際の乗り換え手順について、紹介していきたいと思います。

 

準備するもの・こと

 

携帯端末の準備

僕の場合は、今までソフトバンクiphone6を使っていたので、SIMロック解除ができませんでした。

そのため、SIMフリーのiphone7を購入しました。iphone8も考えましたが、月額料金を安くできれば十分だったので、iphone7にしました。

 

iphoneを購入する場合は、APPLE STOREで購入するのがおすすめです。

僕はネットで購入し、APPLE STOREの店舗受取にして、その足で楽天モバイルのショップへ行きました。

APPLE STOREで購入した端末は、全てSIMフリーなので安心してください。購入する時にチェックを付け間違えることもありません(そもそもチェック自体が無いです)。

なお、ドコモの場合は、全てのiphoneSIMフリーなので、新しい端末を買う必要はありません。

 

NMP手続き

手続きの手順

ソフトバンクでのNMP手続きは、ソフトバンク端末で「*5533」へ電話し、オペレーターに「NMP手続きをお願いします。」と伝えればOKです。

手続きが終わると、携帯にSMSでNMP予約番号が届きます。この予約番号がMVMOとの契約で必要になります。

 

場合によっては引き止められる

NMP手続きをしようとすると、引き止められる場合があります。

具体的には、ソフトバンクからソフトバンク回線を使わないMVMOへの移転の場合は、引き止められます。

僕の場合は、ソフトバンク楽天モバイル(ドコモ回線)だったので、引き止められました。

引き止めの内容としては、「ソフトバンク回線のワイモバイルにしませんか?この電話で決めてくれれば、特別な割引ができますよ。」と言った内容です。

 

しかし、後述する内容で組み合わせれば、確実に楽天モバイルの方が安くなります。安さを求めるのであれば、楽天モバイルがおすすめです。

 

MVMOと契約

僕は楽天モバイルで契約したので、楽天モバイルとの契約について記載します。

 

事前準備の確認

MVMOと契約する前に、以下の2点を確認しましょう。この2点がOKなら、MVMOと契約しましょう。

  • SIMフリーの端末を持っているか
  • NMP手続きは済んでいるか

 

楽天モバイルはショップがあるので、可能ならショップへ行きましょう。

契約からSIMカード変更後の動作チェックまで全てやってくれます。

その際に楽天のログインID・パスが必要になるので、必ず準備しましょう。

楽天モバイルにする場合は、楽天会員になってから手続きを行うとスムーズな手続きができます。

 

支払い方法について

支払い方法は口座振替・カード払いがありますが、ここでは「楽天カード」での支払いをおすすめします。

また、楽天モバイルの支払いに、楽天ポイントを使うことができます。ポイントを貯めていないのであれば、「全て使うにしましょう」

 

動作チェック

最後に動作チェックです。

無事、SIMカードを使って通信が出来れば、全て終了です。これも店の人がやってくれます。

これで、携帯料金が安くなります。

 

紹介キャンペーンでポイントゲット

必須では無いですが、紹介キャンペーンで楽天ポイントを貰えるので、友達に楽天モバイルユーザーがいる場合は、紹介してもらいましょう。

紹介の際に必要なのは、「」です。分からない場合は、楽天モバイルのメンバーズページで確認できます。

 

なぜ楽天モバイルを選んだのか

MVMOは楽天モバイル以外にも沢山の種類があります。

その中で、僕が楽天モバイルを選んだ最大の理由は、楽天ポイントを支払いに使えるからです。

しかも、電話が5分間までなら無料でかけ放題です。

※スーパーホーダイプランのみ

 

1.楽天モバイルの支払いは、楽天ポイントが使える

僕は普段の買い物は全て楽天カードで支払っているので、その分でポイントが貰えます。
一人暮らしなので、普段の買い物や食事などの利用で大体10万円程を使うので、ポイントは約1000ポイント貰えます。
つまり、携帯料金が1000円引きと同じことです。

 

2.楽天SPUで楽天ポイントの掛け率が増える

楽天SPUとは、楽天のサービスを複数利用するとポイントの利率がどんどん上がるよ!というキャンペーンです。

例えば、楽天カード楽天モバイル楽天市場…とどんどん使っていけば、ポイント利率は最大     倍まで上がります。

 

3.スーパーホーダイプランにすると、最大2万円のキャッシュバック

説明不要ですね。

3年縛りの2万円キャッシュバックです。しかも、3年過ぎた後は、いつ解約しても違約金なしというのも大きいです。

※キャッシュバックは楽天ポイントなので、これも支払いに回してしまいましょう。

 

4.紹介でポイントゲット

契約するときに紹介して貰えば、紹介した人に3000ポイント、契約する人に1500ポイントが付与されます。

 

まとめ

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えについてまとめました。

これから乗り換える予定がある方は参考にしてもらえると嬉しいです。

 

まだ、使い始めて1ヶ月経っていないので、ある程度使ってみて、通信速度のレビューもできたらと思います。