建築小僧の建築ライフ

現役の建築構造設計者のブログです。建築や設計の事だけでなく、建築学生の役立ち情報や就活・転職に関する事を書いていきます。

建築家・隈研吾の建築代表作品を一気に紹介!

こんにちは、建築小僧(@kenchiku_kozou)です。

 

建築家・構造家の建築代表作品を紹介シリーズです。

今回は、建築家の隈研吾です。

隈氏は建築界の大御所なので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

作品の特徴としては、「和」をイメージした木格子を使ったデザインが多用されています。また、木格子を使わない場合でも、竹などの材料を使って「和」を表現しています。

 

それでは、作品紹介行ってみましょう!

最新の建築を知りたい人におすすめのサービス!

作品紹介の前に、最新の建築情報を知りたい人におすすめのサービスを紹介します。

僕も以前は、ネットやTwitterで最新の情報を得ていましたが、ネットやTwitterだと偏った情報しか手に入らず、世の中のトレンドに付いていけません。

世の中のトレンドに付いていくには、「建築雑誌の定期購読」がおすすめです。

 

新建築

https://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1611329_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1599642_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1560130_o.jpg

「新建築」は、建築に関わる人なら誰でも知っているほど有名な建築雑誌です。

国内の商業施設・教育施設・文化施設などの大型公共施設の作品紹介を中心として、都市・建築の再利用・修復や環境への配慮など、建築界が直面する様々な問題に対して独自の切り口で紹介されています。

特にデザイン性に富んだ建築の紹介がされており、多くの写真や図面が使われているので、とても読みやすいですし、大学の設計課題のヒントになるかもしれません。

 

いきなり定期購読はちょっと…という人は、まずは今月号だけ1冊購入してみるのがおすすめです。1冊をじっくり読んでみて、今後も購入するかを決めましょう!

しかも、今なら下記のリンク先から購入すると、500円割引で購入できます。

新建築の定期購読はこちら!

 

隈研吾ってどんな人?

隈 研吾(くま けんご)

隈研吾建築都市設計事務所 主宰

 

【経歴】

1954年 神奈川県横浜市生まれ

1977年 東京大学工学部建築学科 卒業

1979年 東京大学大学院建築意匠専攻修士課程 修了

1979年 日本設計

1990年 隈研吾建築都市設計事務所 主宰

2009年 東京大学工学部建築学科 教授

 

【受賞】

2011年 BCS賞「根津美術館

2012年 グッドデザイン賞アオーレ長岡

2012年 グッドデザイン賞「浅草文化観光センター」

他多数 

参考:隈研吾 - Wikipedia

隈研吾の建築代表作品を一気に紹介!

根津美術館

意匠設計:隈研吾

構造設計:-

構造種別:SRC造、S造

所在地:東京都港区

 

浅草文化観光センター

意匠設計:隈研吾

構造設計:牧野構造計画

構造種別:S造、一部SRC造

所在地:東京都台東区

 

スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店

意匠設計:隈研吾

構造設計:佐藤淳

構造種別:-

所在地:福岡県太宰府市

 

サニーヒルズ南青山 

意匠設計:隈研吾

構造設計:佐藤淳

構造種別:RC造、一部W造

所在地:東京都港区

 

COEDA HOUSE

意匠設計:隈研吾

構造設計:-

構造種別:W造

所在地:静岡県熱海市

 

TOYAMAキラリ

意匠設計:隈研吾、RIA

構造設計:佐藤淳

構造種別:S造

所在地:富山県富山市

 

水 / ガラス

意匠設計:隈研吾

構造設計:中田捷夫

構造種別:RC造、S造

所在地:静岡県熱海市

 

サントリー美術館

意匠設計:隈研吾

構造設計:新谷眞人

構造種別:S造

所在地:東京都港区

 

ドーリック南青山ビル

意匠設計:隈研吾

構造設計:-

構造種別:SRC造

所在地:東京都港区

 

M2ビル

意匠設計:隈研吾

構造設計:-

構造種別:-

所在地:東京都世田谷区

 

GINZA KABUKIZA

意匠設計:隈研吾三菱地所設計

構造設計:三菱地所設計

構造種別:S造、一部SRC造

所在地:東京都中央区

 

まとめ

隈研吾の建築代表作品を紹介しました。

隈氏の作品を見ると、時代とともに「和」をイメージした作風に変わっていくのが分かりますね。特に近年は木格子や竹を使った作品が多く見受けられます。

その他にも、新国立競技場などのビッグプロジェクトにも数多く関わっており、次のプリツカー賞受賞は隈氏ではないかと個人的に思っています。

 

作品集・書籍はこちら