建築小僧とあひるさん

建築構造設計者のブログです。建築や設計の事だけでなく、建築学生の役立ち情報や就活・転職に関する事を書いていきます。

建築設計職ってどんな仕事?仕事内容は?

f:id:kenchiku-kozou:20180426171158j:plain

「建築設計職がどんな仕事なのか」と聞かれて、すぐにイメージが湧きますか?

 

多くの人は、カッコいい建物を設計する人・デザインできる人・オーナーと打ち合わせする人…といったイメージが湧かもしれません。

このイメージは正解でもあり、不正解でもあります。

どういう事かと言うと、このイメージは「意匠設計者」の仕事内容なんです。

 

実は、建築設計職は、計画・デザイン・構造・設備・電気…といった専門分野に分業されていて、設計者ごとに専門分野が異なります。

専門分野ごとに設計者は、以下に分類されます。

  • 意匠設計者:計画・デザインを担当する
  • 構造設計者:構造を担当し安全性を確保する
  • 設備設計者:設備・電気を担当し居住性を確保する

このように建物を分野毎に細分化して、その分野毎のプロフェッショナルがいるんですね。

 

設計者の仕事内容って何? 

意匠設計者ってどんな仕事をするの?

意匠設計者の主な仕事は、施主(オーナー)との打ち合わせ・各種法規に抵触しないかの確認・設計全体の取りまとめ、などがあります。

具体的には、施主の要望(どんな建物にしたいのか・建物の用途は何かなど)を聞き出して、各種法規をチェックし、計画の素案を作成します。

この素案を元に、構造設計者・設備設計者と打ち合わせ・調整を繰り返し、最終的な設計図(意匠図)を作成します。

 

構造設計者ってどんな仕事をするの?

構造設計者は、その名の通り建物の構造部材である柱・梁・壁・床・基礎などの設計を行います。

具体的には、建物の仕様(何造なのか・何階建てなのか・どんな仕上げ材料なのかなど)を意匠設計者の作成した素案から読み取り、構造設計者として必要な構造部材のサイズを意匠設計者へ伝えます。また、設備設計者と設備配管の位置を調整することも必要です。

その後、意匠設計者と設備設計者との調整を繰り返して、最終的な設計図(構造図)を作成します。 

ちなみに、僕はこの構造設計の仕事をしています。

 

設備設計者ってどんな仕事をするの?

設備設計者は、建物の設備である冷暖房設備・給排水設備などの設計を行います。

具体的には、意匠設計者の素案からどこに・どんな設備が必要なのか、そのためにはどんな配管・配線が必要なのかを設計し、意匠設計者・構造設計者と調整を行います。

その後、意匠設計者・構造設計者との調整を繰り返して、最終的な設計図(設備図・電気図)を作成します。 

 

分業されていることのメリットは?・デメリットは?

分業のメリット

分業のメリットを以下に列挙します。

  • 自分の分専門野意外の作業をしなくて良い
  • 分業なので、作業スピードが上がる

分業の最大のメリットは、自分の専門分野以外の作業をしなくて良い事です。自分の専門分野のみに集中できるので、効率も上がります。

さらに、分業しているので、一人あたりの作業量も減るので、設計図が完成するまでのスピードが早くなります。

 

分業のデメリット

逆に分業のデメリットを列挙します。

  • 自分の専門分野は詳しくなるが、他分野は詳しくならない

  • 他分野の事を知らなくても何とかなる反面、分からないから自分で解決できない
  • 意匠設計者の素案がダメだと構造・設備も引きづられてダメになる 
  • 他分野の遅れで計画全体が遅れてしまう

各設計者の説明で記載したように、全ての設計は意匠設計者の素案から始まります。

そのため意匠設計者が、建築の事を知らない人だと全くダメな素案を作るので、構造・設備ともに手戻りが多くなって大変な事になります。

 

まとめ

建築設計職について解説しました。

実は建築業界は分業化されていて、設計も分業化されているんです。

設計以外も分業化されているのですが、それについては改めて解説したいと思います。