建築小僧の建築ライフ

現役の建築構造設計者のブログです。建築や設計の事だけでなく、建築学生の役立ち情報や就活・転職に関する事を書いていきます。

建築家・伊東豊雄の建築代表作品を一気に紹介!

こんにちは、建築小僧(@kenchiku_kozou)です。

 

建築家・構造家の建築代表作品を紹介シリーズです。

今回は、建築家の伊東豊雄です。

伊東氏は建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞の受賞や新国立競技場B案などの超大型プロジェクトも多数手掛けています。

作品の特徴としては、建築内部の柱をなくして、曲面や周囲の環境を上手く利用したものが多く、作品のどれもが素晴らしい建築ばかりです。

 

それでは、作品紹介行ってみましょう!

最新の建築を知りたい人におすすめのサービス!

作品紹介の前に、最新の建築情報を知りたい人におすすめのサービスを紹介します。

僕も以前は、ネットやTwitterで最新の情報を得ていましたが、ネットやTwitterだと偏った情報しか手に入らず、世の中のトレンドに付いていけません。

世の中のトレンドに付いていくには、「建築雑誌の定期購読」がおすすめです。

 

新建築

https://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1611329_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1599642_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1560130_o.jpg

「新建築」は、建築に関わる人なら誰でも知っているほど有名な建築雑誌です。

国内の商業施設・教育施設・文化施設などの大型公共施設の作品紹介を中心として、都市・建築の再利用・修復や環境への配慮など、建築界が直面する様々な問題に対して独自の切り口で紹介されています。

特にデザイン性に富んだ建築の紹介がされており、多くの写真や図面が使われているので、とても読みやすいですし、大学の設計課題のヒントになるかもしれません。

 

いきなり定期購読はちょっと…という人は、まずは今月号だけ1冊購入してみるのがおすすめです。1冊をじっくり読んでみて、今後も購入するかを決めましょう!

しかも、今なら下記のリンク先から購入すると、500円割引で購入できます。

新建築の定期購読はこちら!

 

伊東豊雄ってどんな人?

伊東 豊雄(いとう とよお)

伊東豊雄建築設計事務所主宰

 

【経歴】

1941年 大韓民国ソウル特別市生まれ

1965年 東京大学工学部建築学科 卒業

1965年 菊竹清訓設計事務所 勤務

1971年 アーバンロボット 設立

1979年 アーバンロボットを伊東豊雄建築設計事務所に改称

 

【受賞】

2003年 日本建築学会賞作品賞「せんだいメディアテーク

2013年 プリツカー賞

2017年 UIAゴールドメダル

他多数

参考:伊東豊雄 - Wikipedia

 

伊東豊雄の建築代表作品を一気に紹介!

せんだいメディアデーク

f:id:kenchiku-kozou:20190831221705j:plain

引用:http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/2000-/2000-p_04/2000-p_04_j.html

意匠設計:伊東豊雄

構造設計:佐々木睦朗

構造種別:S造、一部RC造

所在地:宮城県仙台市

伊東氏の代表作品です。建築としての魅力だけでなく、非常に特殊な構造体となっているため、国内だけでなく海外からの観光客が非常に多いです。 

構造体は、13本のチューブとフラットスラブのみで構成されています。このチューブが階段室やEV、設備配管の通り道となっていて、非常にスッキリとした建築になっています。

 

多摩美術大学図書館

f:id:kenchiku-kozou:20190831221717j:plain

引用:http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/2005-/2005-p_11/2005-p_11_j.html 

意匠設計:伊東豊雄

構造設計:佐々木睦朗

構造種別:S造+RC造、免震構造

所在地:東京都八王子市

アーチ状のコンクリート打ちっぱなしで非常に軽やかな建築です。

日本の建築は、地震が来ても倒壊しないようにするため、構造体が大きくなりがちで、軽やかな表現が難しいのが現状です。

しかし、免震構造を採用することで、このような軽やかな表現を可能にしています。

 

MIKIMOTO GINZA 2

f:id:kenchiku-kozou:20190831221734j:plain

引用:http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/2005-/2005-p_06/2005-p_06_j.html

意匠設計:伊東豊雄

構造設計:佐々木睦朗

構造種別:鋼板コンクリート

所在地:東京都中央区

銀座にある素晴らしい建築のひとつで、自由な壁面開口が特徴的な建築です。

この壁面開口を可能とするために、鋼板コンクリート構造を採用しています。

鋼板コンクリート構造とは、外壁を兼ねた2枚の鋼板の間にコンクリートを充填させることで、建物の剛性確保と座屈防止を図った構造です。一般的な柱梁を使った構造とは違い、壁面全体で建物を支えることで、このような自由な壁面開口を可能にしています。

 

シルバーハット

f:id:kenchiku-kozou:20190831221745j:plain

引用:http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/1980-/1980-p_05/1980-p_05_j.html

意匠設計:伊東豊雄

構造設計:不明

構造種別:RC造、S造

所在地:東京都中野区

建築家・伊東豊雄の自邸です。

平面計画は中庭を囲むように計画されており、中庭の屋根は開閉可能なテントとすることで、通風・採光の調整が可能な計画となっています。

この作品を契機に伊東氏の設計手法が大きく変わったのは有名な話ですが、それまでの設計手法が安藤忠雄氏と内に閉じた設計手法だったのは意外ですね。

 

今治市伊東豊雄建築ミュージアム

f:id:kenchiku-kozou:20190831221711j:plain

引用:http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/2010-/2010-p_03/2010-p_03_j.html

意匠設計:伊東豊雄

構造設計:佐々木睦朗

構造種別:S造、一部RC造

所在地:愛媛県今治市

伊東氏の建築作品を展示するスティールハットと伊東氏の邸宅を再現したシルバーハットの2棟構成の建築です。

シルバーハットは個人邸宅なので、自由に見学できませんが、ここなら気の済むまで見学できるのが良いですね。

また、スティールハットは特殊形状の建築ということで、構造設計はやはり佐々木睦朗氏です。

 

まとめ

伊東豊雄氏の建築代表作品を紹介しました。 

どの建築も素晴らしい建築ばかりですが、僕は多摩美術大学図書館とせんだいメディアテークが一番好きです。

このような素晴らしい建築を作るためには、構造設計者の能力が非常に重要です。僕もこんな建築を手がけられるように努力します。

 

作品集・書籍はこちら 

2002~2016年の作品集はこちら!この作品集が最新です。

 

1971~2002年の作品集前編はこちら!初期の作品から見たい人におすすめです。

2002~2014年の作品集後編はこちら!