建築小僧の建築ライフ

現役の建築構造設計者のブログです。建築や設計の事だけでなく、建築学生の役立ち情報や就活・転職に関する事を書いていきます。

構造家・今川憲英の建築代表作品を一気に紹介!

こんにちは、建築小僧(@kenchiku_kozou)です。

 

建築家・構造家の建築代表作品を紹介シリーズです。

今回は、構造家の今川憲英です。

今川氏は、構造設計事務所を主宰するだけでなく、過去には東京電機大学で大学教授を兼任しています。また、既存の建築を外科的な方法で再生させる事から、「外科医的建築家」と呼ばれています。

 

それでは、作品紹介行ってみましょう!

最新の建築を知りたい人におすすめのサービス!

作品紹介の前に、最新の建築情報を知りたい人におすすめのサービスを紹介します。

僕も以前は、ネットやTwitterで最新の情報を得ていましたが、ネットやTwitterだと偏った情報しか手に入らず、世の中のトレンドに付いていけません。

世の中のトレンドに付いていくには、「建築雑誌の定期購読」がおすすめです。

 

新建築

https://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1611329_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1599642_o.jpghttps://img.fujisan.co.jp/images/products/backnumbers/1560130_o.jpg

「新建築」は、建築に関わる人なら誰でも知っているほど有名な建築雑誌です。

国内の商業施設・教育施設・文化施設などの大型公共施設の作品紹介を中心として、都市・建築の再利用・修復や環境への配慮など、建築界が直面する様々な問題に対して独自の切り口で紹介されています。

特にデザイン性に富んだ建築の紹介がされており、多くの写真や図面が使われているので、とても読みやすいですし、大学の設計課題のヒントになるかもしれません。

 

いきなり定期購読はちょっと…という人は、まずは今月号だけ1冊購入してみるのがおすすめです。1冊をじっくり読んでみて、今後も購入するかを決めましょう!

しかも、今なら下記のリンク先から購入すると、500円割引で購入できます。

新建築の定期購読はこちら!

 

今川憲英ってどんな人?

今川 憲英(いまがわ のりひで)

東京電機大学 名誉教授

株式会社TiS & PARTNERS

株式会社ISGW

 

【経歴】

1947年 広島県に生まれる

1969年 日本大学理工学部建築学科 卒業

1969年 東京大学生産技術研究所川股研究室

1970年 構造設計集団(SDG)

1978年 TiS & PARTNERS 主宰

2000年 東京電機大学工学部建築学科 教授

2004年 M&SD研究会 設立

2007年 ISGW 設立 

 

【受賞】

1999年 IASS tsuboi award 「素材と空間を結ぶ構造デザイン」

2004年 BCS特別賞「横浜赤レンガ倉庫

1994年 松井源吾賞「石打ダム資料館」

他多数

引用元:今川憲英 - Wikipedia

今川憲英の建築代表作品を一気に紹介!

彫刻の森美術館 ネットの森

意匠設計:手塚建築研究所(手塚貴晴、手塚由比)

構造設計:TiS & PARTNERS(今川憲英)

構造形式:木造、ナイロンネット

所在地:神奈川県足柄下郡

 

大阪府立北野高等学校六稜会館

意匠設計:竹山聖

構造設計:今川憲英

構造形式:RC造、S造

所在地:大阪府淀川区

 

さいたま新都心駅

意匠設計:JR東日本建築設計事務所、鈴木エドワード建築設計事務所

構造設計:TiS & PARTNERS(今川憲英)

構造形式:S造

所在地:埼玉県大宮市

 

よしの保育園

意匠設計:手塚建築研究所

構造設計:今川憲英

構造:木造

所在地:青森県むつ市

 

石打ダム資料館

意匠設計:入江経一

構造設計:今川憲英

構造:RC造

所在地:熊本県宇城市

 

横浜赤レンガ倉庫(改修)

意匠設計:新居千秋

構造設計:今川憲英

構造:レンガ造

所在地:神奈川県横浜市

 

まとめ

今川憲英の建築代表作品を紹介しました。 

個人的に今川氏と言えば、赤レンガ倉庫の改修設計が思い浮かびます。

しかし、それ以外にも個性的な建築の構造設計をしているので、他の作品もぜひ見てみてください。

 

作品集・書籍はこちら